写真のために  だれかのために


by chipco


   きょう 行きたい所。

    まばゆい輝きの、リンクのその上。

    
[PR]
# by chipco | 2011-03-01 23:30 |
[エンジン01] という 日本の各都市で行われてるイベントが、この週末 わが町長岡にきてまして。

各界の著名人が来て、授業や講演や コンサート、はたまた 『夜学』と題して 市内の料理屋で

盃を交わす、素敵で豪華な数日だったのですが、(例えば 秋元康・奥田瑛二・隈研吾・三枝成彰・

布袋寅泰・鎧塚俊彦・有森裕子? などなど・・・)

大人気のチケットは 即日完売で、 ギリギリとれた 最終日の講演 茂木健一郎さんと 乙武洋匡さんの

二人話をききに 行ってきました!


やっぱり 乙武さん ってすてきな人だなー

昔 江ノ電で 多分その日は日曜日で、なんとなく人の視線が集まってるなあと思ったら、乙武さん

が一人で車窓の風景を眺めてました。 その時はすでに 「五体不満足」が世に出て数年経過していて

だけど 彼は ラフな格好で、休日を楽しみ、これからの散歩に想いを巡らせているようでした。

声を掛けたかったけど、なんかジャマしてしまう気がしたんだな。

とても爽やかな 気持ちのいいいでたちだった。

数年ぶりにおみかけした乙武さん。 変わってない!

そして、あの話し振りに やっぱりステキ、となりました。

発達障害の児童や、現代の小学生、スポーツの世界に関わってきた

乙武さんが 今想うことは、

69億分の1 という感覚。

自分とは 人を鑑にしてつくられる。

一人一人はパズルのピースで、何一つ欠けてもいけない。

生きてていいのでしょうか? なんて 言うことない!

個性あるものたちが、みんな同じところで生きてくことが、大事なんだよっていう、考え。

これを聞いて思ったのは、金子みすずの有名な詩。・・を借りて言うならば。

「みんなちがって みんな いていい。」 てな感じでしょうか。


帰り道、いい天気だったので 劇場から歩いていたら、誰もいない細い抜け道だったのに

後ろからマネージャーらしき人と 茂木さんが! 歩いて同じ方向、こちらに向かって

くるのです ありがとうございました、と声を掛けると、一緒に路草していた息子の頭をなでて

くださいました! 息子、ラッキーボーイですね。
[PR]
# by chipco | 2011-02-20 18:47 |

能動



あるエッセイに 吃音(ドモリ)の男のでてくる映画について書かれていて、

(男は 大勢の群衆の前で語らねばならない、という展開なのだが)

エッセイの著者は 話すこと、ことばを発することも肉体表現なのだな

と 改めて思った 、 と書いていた。

私はこれを読んで 少し考えてしまった

往々にして自分は 話の聴き手に立つ方が楽である

だが ある話題や こうと決めた瞬間は 納得するまでしゃべる節がある

これって 自分の踊りのスタイルと似かよってたりして、と ドキっとする

近ごろは 筆不精・連絡不精・不精がつづいてた

同時に 人との会話も、人任せな奴だったかもしれぬ

声が肉体表現のひとつならば

私は人に話しかけたり 人の声をきいたり

会話をことばを 怠けちゃいけない、と思う

普段 姿がみえないからこそ



三月からの朝ドラ、何やら 私の気になる俳優さんが揃ってキャスティング!

朝ドラみる人に なっちゃうかしら。わほ。
[PR]
# by chipco | 2011-02-12 15:34 |