写真のために  だれかのために


by chipco

カテゴリ:種( 1 )

能動



あるエッセイに 吃音(ドモリ)の男のでてくる映画について書かれていて、

(男は 大勢の群衆の前で語らねばならない、という展開なのだが)

エッセイの著者は 話すこと、ことばを発することも肉体表現なのだな

と 改めて思った 、 と書いていた。

私はこれを読んで 少し考えてしまった

往々にして自分は 話の聴き手に立つ方が楽である

だが ある話題や こうと決めた瞬間は 納得するまでしゃべる節がある

これって 自分の踊りのスタイルと似かよってたりして、と ドキっとする

近ごろは 筆不精・連絡不精・不精がつづいてた

同時に 人との会話も、人任せな奴だったかもしれぬ

声が肉体表現のひとつならば

私は人に話しかけたり 人の声をきいたり

会話をことばを 怠けちゃいけない、と思う

普段 姿がみえないからこそ



三月からの朝ドラ、何やら 私の気になる俳優さんが揃ってキャスティング!

朝ドラみる人に なっちゃうかしら。わほ。
[PR]
by chipco | 2011-02-12 15:34 |